手放せない家庭用脱毛器

家庭用脱毛器の種類について

 

家庭用脱毛器の種類はかつてないほどたくさん出てきています。

 

家庭用脱毛器ランキング http://www.ebpride.com/

 

ムダ毛をローラーで挟んで抜き取るローラー方式、毛を剃るシェーバー方式、エステなどで使われるフラッシュ式、さらには日本では医療機関にしか許されていないレーザー脱毛器についても輸入すれば手に入れることができます。

 

値段もピンキリで数百円で買えるものから数万円単位のものまでさまざまです。

 

ローラーやシェーバーは基本的に、ピンセットやカミソリでムダ毛処理しているのと同じことですから2,3週間もすればまた毛が生えてきますので、こまめな処理が必要になります。

 

一方フラッシュ式やレーザー式ですと、毛根や毛母細胞にダメージを与えるため、しだいに毛が生えてくる力が衰えてきますから、ケアしなければならないペースも緩やかになっていきます。

 

こうしたフラッシュ式などの脱毛器も一昔前に比べると開発する企業が増え、価格競争の中で値段が下がってきているのがうれしいところですね。

 

また一部の脱毛器では実際に脱毛できなかったときは、返金するというサービスを行っている所もあり、リスクを避けたい方はそちらを選ぶとよいかもしれませんね。

 

いずれにせよ家庭用脱毛器の機能には一長一短ありますので、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

手放せない家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は色々な種類があり、エステで使用するような高性能の脱毛器や、ムダ毛にダメージを与えて抜くタイプと、簡単にシェーバーのように脱毛する脱毛器があります。

 

初めて家庭用脱毛器を知った時は、救いの神かと思ったほど喜びました。

 

 

 

それまでは、1本ずつ毛抜きで時間をかけて抜いていたり、ガムテープで痛い思いをしながら引っ張って抜いていました。

 

その後の肌は、赤くなり抜けた毛穴が炎症を起すこともあり、折角の海水浴もヒリヒリした状態で行ってました。

 

 

 

それが、家庭用脱毛器のおかげで苦痛もなく、きれいな肌になれる事の喜びは一言では言い表せませんでした。

 

夏場は毎日ムダ毛と格闘していたのがウソのようです。肌にストレスをかけず抜くためか、脱毛後は結構スベスベになったりするので、今では家庭用脱毛器でムダ毛処理をするのが楽しみになって来ました。

 

 

 

何回も脱毛していると、毛が細くなってきて、知らぬうちに脱毛する回数が減ってきたんです。

 

これは驚きでした。自慢ではないですが、超剛毛のすね毛は男性に負けないほど凄かったのが、生えている面積が見てわかるように、間隔が空いてきました。

 

このまま脱毛していけば、いつしか本当に毛の無いツルンとした肌になれるのではと、期待で一杯です。

私が使用している家庭用脱毛器

 

私は思春期の頃から家庭用脱毛器を使用していました。

 

私が使用していますのは「電気シェーバー」です。

 

思春期の頃は親が購入してくれたのですが、そのシェーバーは刃の部分の幅が少し狭く今思いますと「ワキ専用」だったのかもしれません。

 

しかし私はそのシェーバーで、ワキだけでなく足や腕のムダ毛処理もしていました。

 

その後いくつかの家庭用脱毛器を自分で購入しましたが、今使用していますのも電気シェーバーです。

 

そのシェーバーは幅がそこそこ広めですので、足などの脱毛もしやすいです。

 

そしてそのシェーバーは、「刃」の部分が上に上がるのです。

 

上に上げないで使用しますと肌への感触も滑らかで、ただ肌を撫でている感じで脱毛する事ができます。

 

刃を上に上げますとその分 刃が肌へ直接あたっている感じはするのですが、細かい部分まで脱毛することができますのでワキで剃り残してしまった部分などには便利です。

 

また膝など、すこし凹凸のある部分の脱毛時も私はシェーバーの刃を上げて脱毛しています。

 

電気シェーバーですので、普通のカミソリとは違い安全だと私は思っています。

 

個人的な感想ですが私は普通のカミソリを使用するのが少し怖いので、電気シェーバーを使用しているのです。

 

お店等で脱毛をしていただくのも良いかもしれませんが、家庭用脱毛器がありますと自分の好きな時や急に脱毛が必要な時に便利ですので重宝しています。